更年期には音楽療法を!

更年期障害はなにも感じなくとおりすぎてしまう人もいれば、毎日毎日のぼせに冷え性、イライラに焦燥感とつらくてどうしようもないという方もいらっしゃるでしょう。
とくにつらいのは、自分でコントロールすることがむずかしい情緒の不安定といわれています。

そんなときは音楽療法がおすすめですよ。
好きなロックミュージックをお聞きになってもいいですが、メンタルミュージックで心身ともにリラックスするのはいかがでしょう。

小川のせせらぎ、早朝を連想するような鳥のさえずり、まるでホワイトビーチにでもいるようなさざなみ・・・
さあ、目を閉じてゆっくりと落ちついた時間を楽しみましょう。

一日30分でいいので、このような時間を強制的に持つようにこころがけましょう。
心がだんだんと穏やかに解きほぐされていくのを感じるのではないでしょうか。

更年期障害は気持ちしだいともいわれています。
更年期障害とうまく付き合うことは、その後の人生にも大きな意味をなすのです。

更年期障害が血液検査でわかる?!

40代後半に突入し、いよいよ生理もきたり来なかったりと不順になりはじめると、更年期障害が心配されるころではないでしょうか。
更年期障害は、病院で検査することができるということはご存知でしょうか。

検査方法は、さまざまなものがありますが、その中でももっとも一般的なものという血液検査です。

血液検査では、血液中のホルモンの濃度を調べます。
それによって、基準となるホルモン濃度と比較することにより、ホルモンバランスの乱れを確認することができるというわけなのです。

みなさんの中には、日ごろからのぼせ・冷え性・肩こりに悩まされ、それらが更年期障害の症状なのか、それ以外の病気なのかと悩みそれがストレスになってしまっているという方がいらっしゃるかもしれません。

または、閉経がいつなのか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、ぜひ血液検査の実施をおすすめします。
更年期障害だけではなく、他の病気の早期発見につながるかもしれません。

100年以上の歴史をもつ「命の母」

小林製薬から販売されている更年期障害の治療薬「命の母」というお薬は耳にしたことがあるでしょうか。
そうです、原田日出子さんがコマーシャルをしているあの「命の母」です。
じつは、命の母はなんと100年以上もの長い間女性に愛用されているのです。

笹岡省三の手によって誕生したのですが、「病を抱えた女性を助けたい」という彼の志は、100年以上たったいまでも、大事に受け継がれているのです。

それでは命の母をくわしくご紹介しましょう。
配合成分は、「気」「血」「水」のバランスを整えることで、13種類の生薬と11種類のビタミンが配合され更年期障害の症状を改善します。

「血」を例にとりますと、「駆瘀血薬」と、「補血薬」があります。
駆瘀血薬は、血の滞った状態「瘀血」に作用します。

瘀血は、手足の冷えや更年期障害の特有の症状のぼせ・肩こり・肌荒れ・精神不安と症状は深刻です。

補血薬は、読んで字のごとく、血液の成分の補う役目があります。
血の不足によって、貧血・体のだるさを生じるのです。

命の母には、このような生薬がほかにも11種類も配合されているというのです。
ぜひお試しになさってはいかがでしょう。

30代で更年期障害なんてありえる?!

「なんだか、最近イライラして情緒不安定になりがち、のぼせもたまに起こるし、これってもしかして更年期障害?
でもまだ30代だし、更年期障害ではないはず・・・」

とお悩みの方、実は、更年期障害の症状は30代、さらには20代にも現れます。
「プチ更年期」や「プレ更年期」とお聞きになったことはないでしょうか。

確かに、20~30代の女性は、年齢からして卵巣機能が安定しているはずですから、めったなことでは更年期障害が現れることはありません。
ところが、現代のストレス社会・過労または、不規則な生活習慣により、自律神経を崩してしまう女性が多くいるようです。

アンバランスな自律神経は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを減少させます。
しいては、更年期障害のような症状が、年齢には関係なく現れてしまうというわけなのです。

このような症状は、残念ならがほっておいても治ることはありません。
自分で意識的に生活習慣を見直さなければなりません。

更年期とは何でしょう!更年期障害大辞典

子育てがひと段落したと思うと、今度は両親の介護。そんな時期に更年期障害に悩まされ始めたという話は決して珍しくはないのでしょうか。

人によっては、忙しくて、更年期障害に悩まされる暇もないという方もいらっしゃれば、長期にわたり苦しめられる方もいるでしょう。

それでは更年期障害について説明していきましょう。
その前に「更年期」というのは、閉経をはさみ、前後の10年間をさします。
平均すると、閉経年齢は50歳とはいいますが、早い人であれば40歳前半で閉経を迎える方もいるようです。

更年期に入ると、わたしたち女性の体には、さまざまな変化があらわれるようになります。
それもすべての原因は、女性ホルモンの分泌の低下により、ホルモンのバランスの崩れからくるものです。

更年期障害の症状としては、のぼせ・ひえ・めまい・動機があげられます。
また、同時に精神的なバランスも崩れやすくなることから、いらいらしたり、急に悲しくなったりと自律神経も大きく影響を与えます。

更年期障害とは、更年期、閉経の前後に現れる体だけでなく精神の不快な症状をいうのです。

更年期障害の対策と予防サプリメントランキング